メソセラピー(脂肪溶解)の効果と体験口コミ

メソセラピー(脂肪溶解注射)とは?その効果とは?

メソセラピーは、メソテラピー、メゾセラピー、メゾテラピーなどとも言われますが、美容整形外科では脂肪溶解注射とも呼ばれ、
部分痩せやセルライト除去の目的で施術されています。「切らない脂肪吸引」と言われるように、痩せたい部位に有効成分を少量ずつ注射によって注入。その薬剤の効果によって脂肪やセルライトが縮んで小さくなり、サイズダウンできます。

メソセラピーは、もともとペインコントロール(痛みによる苦痛を緩和する療法)に効果のあった方法で、1952年フランスで開発された歴史の長い治療法。ヨーロッパを始め世界で効果ある美容法として人気です。

【メソセラピーのメリット】 @「脂肪溶解注射」をするだけなので施術時間が短く、身体の負担が少ないこと、Aふくらはぎ、二の腕、ウエスト、お腹、太もも、二重あごなどに効果的に部分痩せが出来ること、B食事などのダイエットでは効果がでないセルライトに直接働きかけること、C日常生活に戻るまでのダウンタイムが少ないこと、Dリバウンドの可能性はあるが急激に食事制限をしたりするよりはリバウンドしにくいこと、などです。

【メソセラピーのデメリット】 @1回の脂肪溶解注射で注入できる有効成分の量は限られているので数回〜十数回施術しないと効果がないこと、A糖尿病や肝臓病、 不整脈や心臓病のある方、妊娠中の方などでは、メソセラピー治療を受けられない場合があること、Bメソセラピーの薬剤に大豆の成分が使用されており、大豆アレルギーだと受けられない場合があること、C術後には、個人差もありますが、痛み、腫れ、むくみなどが少し見られること、などです。

【メソセラピーの料金】 施術部位や注射をする範囲などにもよりますが、注射1本につき約1万円〜約5万円。1回の施術では3〜4本の注射を打つので美容整形外科によって料金にかなり差が出てきます。脂肪吸引よりは安いのですが、部位によって10回以上痩せるまで打たないと効果がなかったりしますので、美容整形外科でカウンセリングを受けよく相談したほうがいいでしょう。メソセラピーを行う美容整形外科は東京、大阪、名古屋、福岡を始め全国にたくさんあります。整形外科によってはキャンペーンなどをしている場合があるので、問い合わせてみるといいですね。

メソセラピーの体験談や口コミ

ふくらはぎ、お腹、太ももなどに、メソセラピーを体験した方はたくさんいます。

体験談や口コミを見てみると、ふくらはぎのメソセラピーをした方は、1回目の術後1週間ほどは痛み、腫れ、むくみが結構あるようです。メソセラピー自体は注射をさすときにチクチクするだけのようですが、ふくらはぎの場合、しばらくするとかなり激しい筋肉痛のような感じになる人が多いようです。でも歩くことはできるので、皆さん、ちゃんと電車などで帰宅しています。そして個人差はあるのですが、1週間ほど痛み、むくみ、内出血などが続くようです。でもこれは、不思議と1回目のときだけで、2回目からは術後も痛みをあまり感じない人がほとんどですね。痛みがあっても、少し歩いていると普通に歩けるようになるので、翌日からきちんと仕事に行ったりと日常生活はできます。

太ももやお腹、ウエストのメソセラピーを受けた人の体験口コミだと、鈍痛を感じるようですね。また1回目のメソセラピーの後だけ帰宅途中に具合が悪くなった人もいるようですが、でもこれも個人差があるようで、あまり痛みは無かった人もいるようです。

効果としては、ふくらはぎや太もも、お腹で1.5センチ以上はっきり痩せたという体験談や、スリムになった感じがするという人も多いようです。が、逆に、全然効果がなかったようだ、という口コミも見られます。個人差が割とあるようです。効果が見られるまでにこのメソセラピーは、ふくらはぎなどで3回ぐらい、お腹、ウエスト、太ももだと、人によりますが少なくとも10回ぐらい受けたほうがいいようですね。

いろいろな体験談から、ダウンタイムがそんなにひどくないので仕事を休めない人でも受けられる、太もものような広範囲の場所を細くするためにメソセラピーを選択するなら、のんびり構えて何回か受ける必要がある、などを感じます。また脂肪吸引後、まだ気になる場所があればメソセラピーで補うこともできるようです。